HOME > 介護リフォームメニュー

介護リフォームメニュー

介護リフォームメニューのカテゴリーを選んでください。

トイレの介護リフォーム

毎日使う場所だからこそ、安心快適な空間づくり

一日に何回も利用するトイレは、在宅生活を円滑にするためにとても重要な場所です。
介護リフォームを導入する事によって、利用者の日常生活の自立の手助けになると同時に、介助の負担が軽減につなげることができます。
こちらのページでは、トイレの介護リフォームのポイントを紹介していきます。

トイレの介護リフォームのチェックポイント

●トイレまでの動線に段差はないか、車イスで支障なく通行できるか

●トイレの扉は開閉しやすい扉になっているか

●利用者の自由度がきかない場合、トイレまでの距離は短いか

●車イスからスムーズにスライドできる高さの便座か

●車イスからのスライドや腰の上げ下げがしやすいように手すりは設置されているか


トイレの介護リフォームを進めるにあたり、現状の状況に応じた最適なリフォームプランをご提案いたします。

トイレの介護リフォームの方法

手すりの取り付け
座る・立ち上がるという動作を伴うトイレでは、手すりを取り付けることで動きが楽になります。あるとないとでは負担がかなり違ってきます。
トイレの壁の強度が足りないという場合でも、補強板を付けることでほとんどの壁に手すりを設置できます。



便器の高さ調整
便器にはエロンゲートサイズとレギュラーサイズの2種類があり、エロンゲートサイズのほうが大きくゆったりと座ることができます。また、水たまり面が広い便器にすると、汚れが付きにくくなりにおいをおさえることも可能です。



トイレの扉を変える
車いすのまま入る、介助する人も一緒に入る必要のある場合は、トイレの入り口はなるべく広くしたほうが便利です。
状況に合わせて適切な扉の位置・形状を選択しましょう。


前のページに戻る
ページの先頭へ