HOME > 介護リフォームメニュー:お風呂の介護リフォーム

介護リフォームメニュー

介護リフォームメニューのカテゴリーを選んでください。

お風呂の介護リフォーム

お風呂へ出入りしやすい動線を

高齢などによって体に不自由が起きた際には、浴室のリフォームが必要になるでしょう。浴室における高齢者の事故は年々増加しており、その予防に向けたリフォームの必要性が迫られています。浴室の事故の原因として多く挙げられるのが「滑りやすい」「段差が多い」などが考えられます。浴室をリフォームする場合は、空間の広さ、ドアの配置や特性を理解した上で進めていくことが大切です。また介護リフォームの目的も自立を中心に考えるか介助のしやすさを中心に考えるかで大きく変わってきます。目的を明確にして、身体状況に応じたリフォームを進めることをおすすめしております。また入浴は体を清潔にする事だけではなく、冷えた体を温めたり心身ともにリラックスするなどの目的もあります。快適に入浴するためにも、急激な温度変化が引き起こすヒートショックなどにも配慮しなければなりません。



お風呂の介護リフォームの方法

滑りにくい床材
古い浴室の床はタイル貼りになっていることが多いのですが、タイルは水に濡れたり石鹸が付着したりすると滑りやすくなってしまいます。なるべく滑りにくい素材で、冬場でも冷たくなりにくい床材へのリフォームをおすすめしております。


温度差をなくす
浴槽の事故の一番の原因は「温度差」です。浴槽を暖める設備が整っていない環境が多いとうこともあり、心臓に負担がかかりやすく浴槽事故につながっていると言われています。浴室内にも暖房設備を取り付け、温度差をなくす環境づくりが大切です。


手すりを取り付ける
浴室の手すりの取り付けは、位置や形状が重要になってきます。実際の利用者の動作をよく考慮して、
有効活用できる手すりを取り付けるようにしましょう。




前のページに戻る
ページの先頭へ