HOME > 介護保険のあれこれ

介護保険のあれこれ

介護保険制度について

補助金制度は、介護保険制度により「要支援」または「要介護1〜5」と認定された在宅の方々で、住宅改修を必要とする人に対し、その改修費を補助する制度です。
【介護保険による住宅改修の限度額は20万円まで】
助成の対象となるのは、上限が20万円で、その9割が介護保険により補助されます。
つまり、改修費に20万円かかったなら、その9割の18万円が補助され、自己負担は1割の2万円となります。
※所得状況により負担額が異なります。詳しくはお問い合わせください。

介護保険制度の対象となる工事について

@手すりのとりつけ
廊下、便所、浴室、玄関等に転倒予防若しくは移動又は移乗動作に資することを目的として設置するもの。


A床段差の解消
居室、廊下、便所、浴室、玄関等の各室間の床の段差を解消するための住宅改修具体的には、敷居を低くする工事、スロープを設置する工事、浴室の床のかさ上げ等が想定されます。


B滑りの防止・床材の変更
居室の畳敷から板製床材、ビニル系床材等への変更、浴室の床材の滑りにくいものへの変更等。


C引き戸などへの扉の取り替え滑りの防止・床材の変更
開き戸を引き戸、折戸、アコーディオンカーテン等に取り替えるといった扉全体の取替えのほか、ドアノブの変更、戸車の設置等。


D洋式便器等への便利の取り替え
和式便器を洋式便器に取り替える場合が一般的に想定されます。


Eその他
@からDの住宅改修に付帯して必要となる住宅改修


前のページに戻る
ページの先頭へ